学び・教育

ぶろっこりーの森保育園の学びと教育についてご紹介しております。

保育園は、子どもたちが社会性を身につけるうえで、とても大切な場所です。
たくさんのお友達と一緒に過ごすことで、思いやりや協力などの素晴らしい心が育まれます。

また、色々なことに興味を持ち、自信を持って行動することができます。
その結果、自己肯定感が高まり、やる気にもつながります!

1.子供の成長が早い
年齢が近い子供たちが集まって過ごすため、自然とお互いに刺激しあい、成長が早くなるということが多いです。

2.安心して働ける
保育園に子供を預けることで、親は家庭と仕事を両立することができ、ストレスが軽減されます。

3.食育に力を入れている
毎月お料理教室を実施したり、栄養バランスの取れた給食を提供して、食育に力を入れています。
保育園宅配給食の専門業者(株)ママミールが設置をしている保育園です。

4.保育士の質が高い
複数園で保育士が集まり、毎月会議を実施したり、経験豊富な保育士で質が高い保育が特徴です。

保育園を利用することで、子供と家庭とのバランスが取れ、子供の成長にもつながります。
万が一に備えて、運営本部にフリーの保育士も在籍しております。

食育

子どもたちが食べ物の価値を理解し、健康的な食生活を送ることは、成長と発達にとって非常に重要です。
健康で豊かな人生を送るための基礎となる「食」について学ぶことを大切にしています。
食事を通じて子どもたちが食べ物の大切さを理解できるように支援しています。

給食

毎日の食事は、乳児期の健康的な心と体の発展と成長に不可欠です。
ぶろっこりーの森保育園では、衛生と安全性を最優先に考え、味覚の発達を重視しています。

昆布やかつおなどの天然のだしを使った安心できる調味料と、旬の食材を使用しています。
栄養士がバランスの良いメニューを考案し、すべて手作りで提供しています。
保育園では、子どもたちの健康と成長を支えるための食事に力を入れています。

離乳食・アレルギー

離乳食は、各々の成長に合わせて、すりおろし、さいの目切り、スティック状など、食べやすい形に調整しながら進めています。
食物アレルギーについては、保護者の方との面談を通じて対応を確認し、完全除去食を提供します。

食器

食器には磁器を採用し、その大きさや重さは子どもたちの成長に応じて選択しています。
食事を通じて、本物の美しさを体験し、子どもたちの感性を豊かに育てています。

食育の力

ぶろっこりーの森保育園の給食は、日本の伝統的な和食を中心に献立を作成。麦や雑穀を混ぜ込んだ主食。

主菜一品と野菜が取れるおかずの副菜一品、栄養たっぷりの具沢山の汁もの。
昆布や干し椎茸、いりこ、鰹節、鶏がらなどから抽出されるだしのうま味と、具として入れる素材のうま味が味わいのベースとなっている給食です。

食育体験として、旬の野菜にふれ、いんげんのすじを取ったり、たけのこの皮を剥いだり。
ご飯を研いだり、煮干しの頭を取ったり、一緒に味噌汁作りなどをしています。